1/35
陸上自衛隊10式戦車用
連結可動式キャタピラ

生産第1ロット(C1)
item:35-003 ¥4104(本体価格¥3800)
発売中

生産第2ロット(C2)ゴムパッド無し
item:35-004 ¥4104(本体価格¥3800)
発売中

生産第2ロット(C2)ゴムパッドつき
item:35-005 ¥4320(本体価格¥4000)
発売中

JGSDF TYPE10 MBT Workable Tracks
Contract1 (35-003)
Contract2 wo/Rubber Pad (35-004)
Contract2 w/Rubber Pad (35-005)


35-005 35-004

35-004 TYPE 10 Tank

10式戦車のキャタピラはダブルピン・シングルブロック式で、10式戦車独自のものが使用されています。試作型と量産型では形状が異なり、量産型は2012年度納入分の第1ロット(C1)では履板裏面のゴムがなく、表面に大きな凹みがありましたが、2013年度納入分(C2)以降では履板裏面のゴムが追加され、表側の凹みはなくなり平板な外見となっています。履板表側には必要に応じて舗装路走行用のゴムパッドが装着可能で、C1、C2両者に共通して使用できます。第1ロットの車輛もキャタピラの消耗に伴い、順次C2仕様に交換され、現在ではほぼすべての車輛がC2仕様を装備しているようです。

陸上自衛隊10式戦車用の連結可動式キャタピラです。
実車では2種類あるキャタピラのうち生産第1ロット(C1)のゴムパッド無し、第2ロット(C2)のゴムパッドつきとゴムパッド無しの3種類を発売致します。

ラダー状のエンドコネクターを挟み込むように履板の裏表を貼り合わせることで実物と同様な連結可動を実現できます。
エンドコネクターの側面はスライド金型によりリンクの側面の凹模様も正確に再現しました。
履板の前後方向にある交互に交錯した凸部はパーティングラインを変化させることで実物同様の複雑な凸凹を忠実に再現しました。

最初に発売するのはC1のゴムパッド無し(item:35-003)です。
C1履帯に特徴的な表面の凹みは表部品の肉厚をなくして開口部とし、裏面と貼り合わせることで実物どおりの深さを再現しました。

C2履帯はC1履帯とは異なる表面の模様をはじめ、裏側に追加されたゴムパッドのディテールも正確に再現しました。
C2履帯のゴムパッドつき(35-005)は裏側の取付けボルトを再現するため、専用部品となります。
表側のゴムパッドは塗り分けの利便性、すり減った状態または新品の状態の再現などが容易となるように、別パーツとしました。

掲載のデータ画像は加工用3Dデータのもので、リブ根元のR等、実際の製品とは異なる箇所があります。


35-003

35-003 Sprue 10TK Sprue 35-003 Sprue 35-003
35-003 35-003 35-003 35-003
35-003 Pakage 35-003 3D-Date 35-003 3D-Date

35-004

35-004 Sprue 35-004 Sprue 35-004 Sprue
35-004 35-004 35-004
35-004 Pakage 35-004 005 3D-Date 35-004 005 3D-Date

35-005

35-005 35-005 35-005
35-005 Sprue 35-005 Sprue 35-005 Pakage
TYPE 10 Tank TYPE 10 Tank TYPE 10 Tank TYPE 10 Tank SHS 2014
35-003 35-003 35-004 35-004
35-003 35-005 35-005 35-004

店頭での掲示等にご利用ください。

35-001-002 POP 35-004 POP 35-005 POP

Return to Top Page